SLの迫力、電気機関車の力強さ

20090808-IMGP3367-1

Originally uploaded by kubochin

こうした車両達を眺めていて、何か本当に素朴な勇気が芽生えてくる気がします。そんな大げさなものではないのですが、なにかモノづくりの意味がちゃんと見えるというか、おまえ大丈夫だからがんばれよ、とか言われているような、ほっとする感があるんですよね。自分は建築設計を生業としているわけで、でも、自分では建築設計業はエンジニアリング業だと思ってますから、その意味でなにか感じるモノがあるのかもしれないですね。

20090808-IMGP3371-1

Originally uploaded by kubochin

こうした職人技、もうだめなんですよね、商業ベースには全くのってこない。建築も一緒です。本来の伝統的な日本家屋なんて商業的に全く作れる土壌がありません。技術もそうだし、時代の要求というか工業製品的仕様というか、だめなんですよね。結局あこがれることだけしか手がない。なんとかしないといけないと心から思います。文化は文化のままでは、死んでしまうのです。

20090808-IMGP3443-1

Originally uploaded by kubochin

自分的には一番好きな電気機関車。なんではじっこに展示されているのだ!とちょっとだけ憤ってみました(笑)。なんかほんとロマンがあるんですよね。今の四角四面のデザインもそれはそれで必然性はあるのでしょうが、ロマンが感じられない。まあ、引っ張っていた列車がブルートレインだとかイメージもあるんでしょうが、やっぱり好きだなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中