「建売」と「注文」の間に市場を発見|日経BP社 ケンプラッツ

設計事務所としての利益は出ていない。それでも、5件目の建売住宅の設計に取り掛かっている。こうした取り組みの背景には、「事業主が設計者のデザインに価値を認め、業務内容に見合った報酬を支払うようなシステムを確立したい」という岡村氏の狙いがある。

引用元: 「建売」と「注文」の間に市場を発見|日経BP社 ケンプラッツ.

難しい問題ですね。なんというか、ここまで設計者が動かないと、日本における建築設計の知的有用性や社会的価値が認められていないとは・・・正直な気持ち、こうした馬鹿げた(建築設計に限らぬ)技術者軽視の社会状況が改善されない限り、本当にまともな社会は戻らない気がしますね。この記事の岡村氏の活動・考えには頭が下がると同時に心が痛みます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中