This is it

やっとの事で見てきました。
とってもいい映画でした。
美しい映画だったです。
画面から愛が溢れてました。
なんていうともちろん超照れくさいですが。
そういう風に作ってあるのだろうし、そういう風に観たいのだろうし、そういう風に感じさせられるのだろうけど。
全然それでいい、そういう素晴らしい映画、というか映像、いや、お話、だったな。
彼のスター性とかカリスマ性とか陳腐なことではなく、人としての魅力が美しく描かれていた。
すべての人が彼を愛し、彼のためにすべてを捧げていた。
それにもまして、MJがすべてを理解してすべてを進むべき方向へ導いていた。
驚くべきコントローラーだった。真のエンターテイナーだった。そんな感じだった。
見事なダンスは健在だし、自分の音楽の聴き方楽しみ方の原点が彼にあったと感じた。
何もかもが彼を中心に美しく回っていたし美しく広がっていた。
全くの素晴らしい非日常体験だったですよ。

ステージが行われていたら、どんなに素晴らしかったでしょう。
でも、今の状況の何がいけないのでしょう、なんて思えるほど美しかった。
ヒーローの死はとかく伝説と象徴に彩られるけど、それさえ飲み込むほどひきこまれる世界でした。

本当に、心よりご冥福をお祈りしたい。
Thank you, MJ! Forever!

また観に行きたいなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中