[ 読了 ]『Twitter社会論 新たなリアルタイムウェブの潮流』津田大介 著

photo

今話題の本でしょうか、読み終わりました。Twitterの現在までの歴史、流れ、社会的背景やTwitterに関わる各種のエポックメイキングな出来事などが簡潔で明快な文章で綴られています。Twitterの今を知るには大変よい本だと思います。様々な出来事やトピックごとの考察が加えられ、Twitterという新しいメディアの意味や可能性を理解し、ユーザーそれぞれがいかに利用するか、また業務のツールとして生かしていくかまでのヒントが示してあり、これからTwitterを利用しようとする人、また今使っているけど今ひとつ要領が得ないなあ、と感じている人など、様々なユーザー及びユーザー予備軍へヒントとなる書だと思います。
Twitterのポイントは、その緩さとスピード感、そしてどうにもならないと揶揄されていたはずの140字という制約。これらが「何もできない」メディアという評価だった(と思われる)Twitterを、今や世界を動かすメディアにまで成長させた、という要因だと思います。そうした既にTwitterが持っている発想の柔らかさがこうした大きなウエーブをもたらした、ということにつながっているのだと思います。優れたアイディアが世界を動かす、ハイテクのローテク化?が人々に受け入れられて広まっていく、そうしたメディアとしてのパラダイムシフトみたいなものがどのようにして醸成されてきたのかがよく分かります。著者の津田さん自身も「Tsudaる」テクニックから、本著にあるようにシンプルで要点のはっきりしたスピード感のある読みやすい文章を構成するテクニックが磨かれてきたように思われます。読んでいてスラスラと大変読みやすい書籍で、私も電車の中だけですが2日程度で読んでしまいました。こうした本は、時代の今を切り取る本で、読むタイミングが重要だと思いますが、今後もこうした時期の今を押さえた本として読み返し、伝えていく良書だと思います。お勧めです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中