SAMSUNG GALAXY BLOGGERS NIGHT

dsc04652
dsc04674
記事のアップが遅くなりました。すみません。
さて、記憶をたどってつたない記事を綴りたいと思います。

当日は19:30からUDXの6階会議室で開催でした。なるほど、こういう風に使ってるんですね、ここ。
会場は4人掛けのテーブルが並んでおり、それぞれに知らない人同士一緒に座っていじいじして参りました。
同席には、くまさん、いとうさん、ともうひとかたいらっしゃいました。

さて、早速ですが、触った感想です。
触れたのは、GalaxySとGalaxyTabの2つ。
4人に一台ずつでしたのでたっぷり触ることが出来ました。
まず、Sの方。
dsc04655
持った感じはちょっとのっぺりしたiPhoneというテイスト。凄く軽いのが印象的でした。操作系はなかなか軽快でストレスは少ないです。でも快速というほどではなく、もうちょっと言っちゃうと、iPhoneの軽快さには及んでないというのが正直な感想です。現在私は現役機種としてiPhone3GSとGoogleNexusOneを使ってます。NX1についてはRoot化してCyanogen(mod)を入れてますのでその爆速ぶりは超絶ですので比較しちゃいくら何でもかわいそうですが、やっぱり直接的なライバルとなるiPhoneに関してはよくよく研究していかないといけないでしょうね。まあ、UIの問題やOSのVersionもあるでしょう。Froyoをがんばって搭載した、というのは確かに技術的にはいいと思いますが、まあ、買う方はそんなこと気にしないし、何が出来てどう使えるかを考えたら、もうちょっとがんばった方がいいかと思います。
そう考えるとやっぱりiPhoneってのはよくできているわけです。
まあ、iTunesStore無しには語れないわけですけど。
中身ですが、見慣れたAndroidのソフトがいくつか入ってますが、ここでもちょっと気になるのはその少なさ。せっかくiPhone対抗で売り出すのですからもう少し、せめてガラケーぐらいの装備てんこ盛りの半分ぐらいを狙うべきではないでしょうか。だって、この感じだとなんにも出来ない印象に近いですよ。初めての人はいくら無料だっていったからって、マーケットから買うとかインストールするってのは色々抵抗だってあるだろうし、その、きっかけになる方が手を抜いちゃ駄目ですよね。正直、ちょっとDocomoに期待した割にはあんまりおもしろみがなかったですね。一応、オフィス互換ソフトは入れるようですけど、そんなの需要が高いとはあんまり思えない。もっと面白いソフトとか、予定表みたいなやつとかの方がいいんじゃないのかなあ。Eevrnoteやら、Dropboxなんてもう標準でいいんじゃないのかなあ。
dsc04660
だもんで、やっぱしこのマシン、ある程度好きで知ってる人じゃないとよくわっかんないマシン、ということになるんでしょうねえ。ちょっと心配です。というか、どうせすぐ後発でジャパニーズアンドロイドがいっぱい出るでしょうし、そこは日本のガラケー文化を組み込んでくるだろうし、いくら画面が綺麗で、とか言っても分が悪いような。
あと、どうやったって駄目!と思ったのは、すげー安っぽいこと。いや、自分は一般ユーザーではないので、そこんところは声を大にするほどじゃないけど、これは所有欲を全く私的にはそそりません。というかダサイので持ちたくない、的な感じ。結構期待してたんだけどねえ。その辺をアップルと比べるのはやっぱり酷かなあ。でもライバルなんだよねえ。勝負になってないよねえ。ていうか、NX1にも惨敗だねえ。これだと相当安くないと難しいんじゃないかな。
でもやっぱりDocomo網で使える立派なハイスペックスマートフォンであることには変わりなく、この辺質実剛健に割り切って使える大人のビジネスマンには凄く訴求力あるのかもしれません。自分も機能だけなら凄く魅力を感じているかな。でも正直理想を言うならiPhone4にBBBをダブルで持つ方がビジネスマン的には(笑
そうそう、オフィス互換ソフトですけど、そのときに日本語を少し打っていて、こりゃねーな、と思ったのがソフトキーボードの配列。「、」と「。」当たりが同じキーのローテーションになっているのは、正直あり得ない!日本語打ったことあるのか?!とか毒づいちゃいそうになるほど、死ぬほど使いにくい。これは早急に直した方がいいと思う。あり得ない気がしますね。動画の再生とかは、もしかしたらネットワークのせいかもしれないけど、結構かったるかった。さくさくというにはほど遠い感じ。SにはSIMが入っていなかったのでWi-Fiだったんでしょうけど、せっかくのこうした機会にその辺を整備できてないで印象悪くなるのは残念ですねえ。

dsc04662
さて、次にTab。自分的にはTabに大いに期待して参加しました。なんと言ってもそのサイズ。このサイズがどれほどインパクト&効果があるのか、すっごく楽しみだったわけ。結果から言うと、凄くいいサイズだと思った。これは使いやすいサイズだと思った。でも、冷静に考えて、自分はiPadだな、とも思ったのは正直な話。なんでかというか、自分は建築設計屋であり、写真、図面、イメージ等画像関係をしっかり観たいタイプ。そのときにやっぱしちょっと苦しいんだよね、このサイズ。だから。
dsc04668
でも、Webやらメールやら、写真見るだけやら、ドキュメント確認するやら、電子書籍だのだったら、圧倒的に軽くて扱いやすいサイズのこのTabはめっちゃくちゃいいと思う。電話機能も積んでるし動作もかなり軽快だし、縦持ちしてソフトキーボードを使ったときの使いやすさは抜群。マジでいいと思った。それと、カメラがついているのもいいね。本当はこんなちゃちいのじゃなく、こっちにこそしっかりしたカメラをおごるべきで、私的にはこれは完全なマーケティングミスだと感じた。このサイズだから高精細で綺麗な画像が生きてくるわけで、室内じゃまともに撮れもしないカメラなんて今時何考えてんだ?と思った。惜しい、惜しすぎる。さっさと2ndモデルで800万画素ぐらいしっかり積んでもらいたい。データベースソフトとか、画像管理ソフトとか、これこそビジネスツールとしての無限の可能性があると思うので、しっかり育ててもらいたいフォームファクタだと思うなあ。
あ、そうそう、そういえばTabにはSIMが入ってたんだけど、SIMを出し入れするとそのたんびに再起動かかるって、なんの悪い冗談かと思った。こんな小細工するから印象悪いんだよね。今更なにやってんの?という感じ。考えるべきところは他にあるはずでしょ?こんなんだと、世界で使ってるとSIM差し替えるたびに勝手に再起動とかいうアホみたいなことになるわけで。はあ。

なので、今回の体験会で感じたのは、ビジネスする人だったら、ガラケー+Tabだろうと思った。もちろんスマートフォンの使い道や電話であることに価値をしっかり見いだせる人なら両方持ってもいいと思うけど、どっちかというと今回のプロダクトならTabの方が魅力的だった。BBB+Tab辺りがワールドワイドビジネスマンの必携ツールとなる感じかなあ。
個人が使うマルチメディアマシンであるならば、まだまだ圧倒的にiPhoneにはかなわないと思う。音楽一つ聴くにしても、やり方がぴんと来ない、というか直感的に思いつかない。写真見るにしても、ゲームにしても、その水のあけられ方は随分と大きな気がする。ここは相当がんばらないと、勝負には、ねえ、という感じ。はっきり言うと、Docomo網のアドバンテージしか感じられないなあ。マシンが悪いということではなく、相手が悪いという感じ。だからiPhoneなんて気にしない売り方すべきだと思うなあ。とすればアクセサリーを充実させて、キーボードだとか、ヘッドセットだとか、なんか上手く独自の世界観を早めに作った方がいいでしょうね。

というわけで、じゃあ自分が買うかどうか、ですが、Sにはちょっと手が出ない。Tabはいいと思うし、電話も出来るいいサイズのDocomo網が使えるタブレットという部分でどうしようかな?という感じ。でも、現状iPhone+iPad+NX1の手持ちの強力さを崩すまでには至らないかなあ。
なかなか悩ましいところです。
dsc04675
今回このような機会を頂いた皆様には大変感謝致します。今後も、こうした機会に参加させてもらえることがあれば喜んで参加したいなと感じてます。
って、こんな辛辣なことばっかり書いたらだめだな(笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中