Talking SIMは自分にマッチしているようだ

ということで、出てからすぐに導入したTalkingSIM、いまだ順調にiPhone3GS香港版に刺して使っております。
Docomo回線のMVNOということで、電波の入りについてはやっぱり快適で安定している、という印象です。
先日もゴルフに行ってきましたが、無事通信が可能でしたので、ナビゲーションソフトも機能しました。ていうか、これが普通な気もしますが(笑

回線速度は300kに制限されているわけですが、その代わりに月額3,980円。自分は納得しています。
300kって、凄く遅いのではないか、とかなり不安だったのですが、結果的には、もちろん決して速いなどとはいわないですが、それほどの不自由は感じてません。iPhoneでの通信はメールの受信やTwitterのダウンロード、一部記事の閲覧やRSSの購読など、おおむね軽いモノばかりですので、それも奏功しているかもしれません。ていうか、iPhoneアプリそのものが軽い通信で済むように最適化しているのでしょうね、サービス側も。ただ、Mapはちょっとしんどいですね。GoogleMap辺りを頻繁に使うのだとストレスがたまると思います。

それと、テザリングを制限していないのも嬉しいです。
私のiPhoneは香港版ですからテザリングは塞がれていませんが、実用的なのはルーター化出来ること。これは流石にAppでは出ていないので、結局JBに頼らざるを得ません。最近4.1のPwangeが出ましたので、成り行きで(笑)JBしましたが、結果それは非常に実用的でした。先日JBの300kテザでiPadを使ってみましたが、A4プロセッサの処理速度の速さもあるようで、3GSよりさらに快適に感じたのは意外でした。これなら普段はテザで十分な気もします。

当面、SBの2回線は寝かせて運用してみようと思います。
しかしそうするとモバイルが1回線だけになっちゃうんですよね。
(寝かせている回線は4つもありますが 笑)
うーん、ちょっと不安w

しかし、回線品質はやっぱりDocomoですね。
これからは土管業としての品質でキャリアを選ぶ(端末はもうじきフリーになるのでしょうから)時代がすぐそこに来ているっぽいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中