Pioneer 密閉型インナーイヤーヘッドホン ダークブルー SE-CL531-L

カメラロール-245
Pioneer 密閉型インナーイヤーヘッドホン ダークブルー SE-CL531-L

気分転換に新調してみました。
モバヲタなるもの、ここは一発やっぱしBTヘッドセットか?!とも思うのですが、まあ、なんとなく別に普通のヤツでいいじゃん、とか打ち合わせの帰りに量販店によって売り場を眺めてみると、売れ行きベスト3みたいな中に、第3位としてこいつがいやがったのでした(笑
やっぱしその昔オーディオヲタとしては、Pioneerのブランド力はすさまじく、おお!パイオニアやんけ!パイオニアのヘッドフォンなんてあったんか!と一目惚れして即視聴。視聴してみるとやたらと低温がボンボン良く鳴るので、ああ、いんじゃない、聴きやすいね。ということで、その安さもあってさくっと購入。してみた次第。

結論から言うと、満足して気に入って使ってます。

いいな、と思う点ですが、第1に
・遮音性が高く、外の音がほとんど入ってこない。正直ノイキャンではないか、と大げさに錯覚するぐらい(当社比
というのがありまして、ほんと、これかけて音楽聴いていると周りの雑音がほとんど気になりません。結構びっくり。なので、気楽に音楽に集中できてしまいます。ノイキャンって、まあ、いいんだけど、ちょっとおいらは耳がつーんとする時があってあんまり好きじゃないんです。鼓膜に外圧がかかる感じで。
音質ですけど、いいな、と思う点の2つめ、
・低音が厚くてボンボコ鳴るので、凄く聴きやすい
という感じです。正直音質は、まあiPhone4で聴いてるという点もあるんですけど、Hi-Fiにはまあほど遠いかな、と。でも凄く聴きやすいんですよ、音の感じが。低音がとても厚く鳴るので、雑踏でも、前出の遮音性も含めて音楽が良く聞こえるんですね。だから、とってもリスニングを楽しめます。まあ、ドンシャリといえばそんなもんだけど、外で楽しむ音楽の音質、というのが何となく自分的に良く理解できるなり方で、好きですね。
・音量が高く感じられて、よい
というのもあって、まあ、前出の低音が良く鳴る、ということもあるんでしょうが、聴きやすいです。

音の傾向を補正する向きもあって、イコライザの設定はフラットにしてます。この方がラウドネス的に全体がまんべんなく良く鳴るので、特に低温の元気の良さと高音のバランスがよく感じます。
ということで、なかなかいい買い物が出来ました。耳へのフィット感も良く、自分には合ってます。
当面こいつで楽しく通勤できそうです:-)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中