iPadは相変わらず快適である

20111123-111233.jpg

すっかりJobsマジックにハマっているという事になるんでしょうか。
だいぶコンテンツも溜まったきて、使うシーンやアプリの幅も広がってきて、すっかりiPhoneと棲み分けて便利に活躍しております。
家にいる時はなんとなくMacで、と思ってましたが、結局普段の生活のにおけるネットとの関わり方がこうしたiOS機器によってシンプルに再定義されたことで、自分にあったガジェットとの付き合い方に気がつく事ができたと言うか、ああ、これで良かったんだとなんかスタイルがリラックスできたと言うか、まあ、結局その時の気分で使い分けができる選択肢の幅が広がったという事なんでしょうね。いつでもMacである必要はないし、逆に絶えずフル機能のコンピューターが必要とされるシーンも少なくなったのかな、というか、逆にコンピューターが高性能になりすぎて、必要性なシーンが限られてきたのかな、いや、高性能な機器を使うのは別にいいのだけど、そうした生活の何気ないシーンではiOSの使い勝手こそが気持ち良くて、使うべき、使いたい環境である、という事になったんでしょうね。そうして、徐々に上手にAppleがホームネットワークを整備し、コンテンツのあり方をうまく構築したお陰で、またiPadの機能や役割もより際立つようになってきたんでしょうね。だから、よりiPhoneとも棲み分けがうまくできるようになってきたし、iOSの囲い込みも成功しつつあるんでしょうね。

iPadの良さはやはりそのサイズ。
自分にはベストだなと思えるサイズです。動画をみるのも、写真をみるのも、PDFドキュメントをみるのもとてもバランスがいい。
そして最近はiPadでの使い勝手をよく考えたアプリも増えてきているように感じます。GoodReaderを自分的には筆頭に、つい先日のGoogle検索アプリのバージョンアップもとてもクールに感じます。
ネット上を検索して、マッシュアップ的に情報を見せてくれるアプリにも魅力的なものが増えてきたように感じます。大きな画面でいかに情報をうまく整理して再構築してユーザーの体験に結びつけるか、iPhoneのサイズとはまた違う表現やあり方が最近色々なアプリで作者の方がつかんできているのかなと感じてます。
また、キーボードを接続してコンピューター的に利用するのにもいいサイズ。自然なやり取りができるサイズだな、と感じます。
また、手描き風メモアプリなどの使い勝手にもいいサイズですよね。意外とこれで検討スケッチなどがかけちゃうのもお気に入りです。

などなど、結局大元のサイズによる部分が大きいのだなと納得させられる部分であり、というか、サイズというものが非常に重要な要素である事が再認識されるとともに、そのサイズこそがこうした革新的なデバイスを作り上げるときに大事な部分であり、その部分をしっかり定義出来なければいくら画面サイズのバリエーションをいろいろ作ったって、なんにもイノベーションはおこせない、デバイスのサイズバリエーションにイノベーションはないんだな、なーんて感じたり考えたりする部分があったりします。

最近はすぐにそれがなんだか分かるとか感じられるという部分と同時に、しばらく使い込んで分かるという部分も増えてきたように感じられます。よりこうしたデバイスやスタイルが、哲学がある面で成熟化しつつあり、高度化しつつあり、そこに込められている思想も複雑化しつつあるのかもしれません。

でも、やっぱりAppleが凄いなと思わされるのは、そうした事を難しく感じさせず、さらっとシンプルに「カッコよく」見せる部分なんだと思います。カッコ良くて新しい、デザインもスタイルも哲学も。誰が使っても楽しくてカッコ良くて気持ちいい、当分はそんなデバイスや環境はAppleがリードして行くんだろうな、と感じている今日この頃です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中